ドリップコーヒーの入れ方 抽出時間

スポンサードリンク

おいしいドリップコーヒーを入れるための抽出時間について

おいしいドリップコーヒーを入れるためには、適切な抽出時間でコーヒーを落とす必要があります。

 

たとえば、抽出時間が長すぎれば、コーヒーに含まれる嫌な成分が、コーヒーエキスと一緒に抽出されます。

 

コーヒー豆に含まれる雑味やエグ味、イヤな苦みや渋みなどが、コーヒーの味を悪くするわけです。

 

逆に、抽出時間が短すぎれば、コーヒーの旨みが引き出されず、魂が抜けたような味となってしまいます。

 

適切な抽出時間でコーヒーを落とすことは、味の良し悪しを決める上で不可欠な要因なのです。

 

ドリップコーヒーの抽出時間の長さは、さまざまな条件によって変化します。

 

まずは、自分がイメージする「コーヒーの味」が出発点となります。

 

まろやかな苦み、深みやコク、ある程度の「濃さ」を求めるのなら「焙煎の深い豆」を使用します。

 

焙煎の深いコーヒー豆を使用した場合の抽出時間は、「長め」になります。

 

一方、さわやかな酸味のコーヒーを求める場合は、比較的「浅い焙煎の豆」を使用します。

 

その場合は、さっと落とす必要がありますので、逆に抽出時間は「短め」となるわけです。

 

また、苦味を求めるコーヒーの場合は、「お湯の温度」をグッと低くします。

 

その分、じっくりと抽出するようになりますので、抽出時間は長くなるわけです。

 

酸味のコーヒーなら、お湯の温度を高くしますので、その分、抽出時間は短めとなります。

 

このように、「求める味」「コーヒー豆の焙煎度」「お湯の温度」という3つのポイントによって抽出時間に変化が必要になるのです。

コーヒーの抽出時間の目安

まあ、そうは言ってもコーヒーの抽出時間を知りたい方も多いと思いますので、一応の目安を書いておきます。

 

一般的に、一杯だてで、苦味の強めのコーヒーを入れる場合、コーヒー豆のグラム数は14〜18gくらいでしょう。

 

そこへ80℃前後のお湯をゆっくり点滴で注いだとして、だいたい3〜3.5分で落としたいところです。

 

(コーヒーの量は40〜50t程度)

 

逆に、酸味系のコーヒーの場合、豆の量は少なめで11〜15gくらい。

 

そこに90℃前後のお湯を細めに注いだとして、だいたい2分以内で落とすと間違いはないでしょう。

 

(コーヒーの量は、100〜120t程度)

 

実際は、どちらの場合も様々な要因が絡んできます。

 

ですから、まずは自分で入れて味を確かめ、それから抽出時間の調整をかけていきましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。