おいしいドリップコーヒーを入れる湯温

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの入れ方の湯温は、意見が分かれる時がある

ドリップコーヒー初心者の方へ

ドリップコーヒーを入れる時の湯温、つまりお湯の温度については、たまに意見が分かれます。

 

あるコーヒー店のオーナーさんは「94℃が良い湯温だ」と言います。

 

一方、別のコーヒー店オーナーさんは、「80℃がベストな湯温だ」と言ったりするのです。

 

また、あるマニアックなコーヒー店オーナーさんは、こう言います。

 

「湯温はどこまでも低い方が良くて、その分、抽出時間をどこまでも長くすれば良い」

 

(※このマニアックなコーヒー店は大阪にあり、私も実際に行ったことがあります)

 

ちなみに、僕が「一番現実的でやりやすい湯温だな〜」と感じるのは、90℃前後です。

 

これ位の湯温が、一番コーヒーの抽出のコントロールがしやすく、なおかつ安定した美味しいコーヒーが抽出できると感じています。

 

ドリップコーヒーの湯温を測るのに一番良い方法は、やはり「温度計」を使うことです。

 

ただし、いつまで経っても温度計で測らないとコーヒーが入れられないというのでは、ちょっとカッコ悪いですよね(笑)

 

最初の頃は、温度計で湯温を測りながら、自分のコーヒー器具による湯温の調整方法を修得しましょう。

 

具体的には、やかんと細口のポットの2つの器具を使うと良いでしょう。

 

まず、お湯を沸かす用の「やかん(ケトル)」、コーヒーの抽出用の「細口のポット」を用意します。

 

次に、ヤカンに水を入れて火にかけてお湯を沸かします。

 

グラグラしたら火を止め、細口のポットの中にお湯を速やかに移します。

 

前述しましたが、細口のポットにお湯を移した時の温度は、だいたい90〜92℃くらいです。

 

そこから、数十秒〜1分ほどおけば、コーヒーの抽出に適した湯温となります。

 

ちなみに、湯温は季節によって変わってきますので、冬場はこれよりも少し低くなり、夏場は少し高くなります。

 

あと、ポットがステンレスの場合、ガラスの場合、ホーローの場合など、素材によっても異なります。

 

上記のようなことを考慮しながら、自分の道具による湯温の感覚を磨いて行きましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
初心者がやるべき事
ドリップコーヒー初心者がまずやるべきことをお伝えします。何はともあれドリップコーヒー初心者の方は、これをやってみましょう!
ドリップの意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
正しい保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。
1人分の淹れ方
ドリップコーヒーの淹れ方は、1人分だと腕が問われると言われていますが、どういうことでしょうか?ここでは、1人分のドリップコーヒーの上手な淹れ方についてご説明します。