ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方

スポンサードリンク

ドリップコーヒーのアイスコーヒーの作り方は?

ドリップコーヒー初心者の方へ

ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方に迷うという方は、意外にも多いみたいですね。

 

ふつうにドリップコーヒーを飲むのも良いけど、夏の暑い季節なんかは、やっぱりアイスコーヒーは最高です。

 

でも、作り方にコツはあるの?コーヒー豆は違うの?注意点はあるの?

 

などなど・・・いろいろと悩む方がいらっしゃるようです。

 

そこで、今回は、ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方や、コツ、注意点などを中心にご説明して行きましょう。

ドリップコーヒーのアイスの作り方はコーヒー豆選びから?

ドリップコーヒーでアイスコーヒーを淹れる場合、作り方の前に、とても大切なことがあります。

 

それは、コーヒー豆の選び方です。

 

もちろん、今まで淹れてたコーヒー豆をそのままアイスにする作り方もありますよ。

 

でも、本格的にドリップコーヒーでアイスを楽しみたいなら、コーヒー豆を選ぶことから始めてみては?と思うわけです。

 

じゃあ、どんなコーヒー豆を選べばよいのでしょうか?

 

まず、以下の2点を必ずチェックして、アイスのためのコーヒー豆を選ぶようにしましょう。

 

アイスのコーヒー豆はホットよりもさらに鮮度にこだわる

 

まず、ドリップコーヒーをアイスで淹れる場合に、こだわっていただきたいのがコーヒー豆の鮮度です。

 

もちろん、ホットのドリップを淹れる場合も、鮮度にはこだわるものですが、アイスコーヒーの作り方においては、さらに重要です。

 

なぜなら、ホットよりもアイスの方が、鮮度が分かりやすいから。

 

これは、実際にドリップコーヒーをアイスで淹れると分かりますが、明らかにホットのときよりも、嫌味・雑味・えぐ味などがハッキリします。

 

言い換えれば、ホットよりもごまかしが効かないのがアイスコーヒーというわけです。

 

なので、鮮度には徹底的にこだわるようにしましょう。

 

アイスのコーヒー豆は、ホットよりも焙煎が深いものを使う

 

アイス用のコーヒー豆は、ふつうのコーヒー豆に比べて、焙煎が深いということをご存知でしょうか?

 

特に、濃厚なタイプのアイスコーヒーを淹れるのであれば、しっかりと苦みの効いたフレンチローストくらいのコーヒー豆がブレンドされているものが良いでしょう。

 

個人的におススメなのは、ジャバロブスターのイタリアンローストのコーヒー豆がブレンドされているものですね。

 

このアイスコーヒーは、もう癖になるほどうまいです(笑)

 

あ、もちろん好みもあるので、あまり焙煎が深くないものが好きという方もいるでしょう。

 

なので、その場合は、いつもよりも焙煎が深いものを選ぶという意識を持つと良いでしょう。

ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方

では、ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方を、具体的にご説明しましょう。

 

ドリップコーヒーのアイスの作り方のコツ

 

いつもよりも濃い目に淹れる

 

まず、アイスにするドリップコーヒーは、基本的に通常よりも濃いめに淹れましょう。

 

濃いめに淹れるドリップコーヒーの入れ方は、別ページを参考にしてくださいね。

 

基本的に、アイスコーヒーは氷を使うことが多いので、その分はどうしても薄くなります。

 

そのため、いつもよりも濃いめに淹れるというのが、アイスコーヒーの作り方のコツです。

 

アイスコーヒーを受ける容器はステンレスがおススメ!

 

次に、淹れる容器についてお伝えします。

 

ドリップコーヒーを受けるサーバーがガラス製という方もいると思いますが、アイスの場合は「ステンレス製」がおススメです。

 

なぜなら、ドリップコーヒーをアイスにする場合、氷水の中にサーバーを入れて急速に冷やすということを行うからです。

 

ガラス製の容器では破損に繋がってしまうんですね。

 

なので、ステンレス製がおススメなのです。

 

ドリップコーヒーのアイスの作り方の流れ

 

1.まず、濃い目のドリップコーヒーをステンレスのサーバーに淹れます。

 

2.キンキンに冷えた氷水、もしくは氷を大きめのボウルに入れます。

 

3.ボウルの中に、ステンレスサーバーをそのまま浸けてドリップコーヒーを冷やします。

 

4.必要があれば、氷をドンドン足して、さらに冷やしましょう。(すぐに冷えます。)

 

5.氷を入れたアイスコーヒー用タンブラーに、冷やしたコーヒーを注いで出来上がりです。

 

※この時の氷を、あらかじめコーヒーで作っておくと、アイスコーヒーが薄まらないので、さらにおいしくいただけます。

 

ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方、ぜひ、やってみてくださいね〜

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
初心者がやるべき事
ドリップコーヒー初心者がまずやるべきことをお伝えします。何はともあれドリップコーヒー初心者の方は、これをやってみましょう!
ドリップの意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
正しい保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
1人分の淹れ方
ドリップコーヒーの淹れ方は、1人分だと腕が問われると言われていますが、どういうことでしょうか?ここでは、1人分のドリップコーヒーの上手な淹れ方についてご説明します。