ドリップコーヒーの器具 ケトル(やかん)

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの器具 ケトル(やかん)について

「ドリップコーヒー入れるのにケトル(やかん)しか持ってないけど、ポットじゃなきゃダメですか?」

 

ドリップコーヒーを入れ始めたばかりの初心者の方から、良くこういうことを聞かれます。

 

結論から言うと、「目指すコーヒーによる」というのが僕の答えです。

 

なぜなら、まだ手元にある器具で取りあえずコーヒーを楽しもうと思った初心者の方が、いきなり、

 

「ケトルなんてとんでもない!口細ポットは器具として絶対に必要です!」

 

なんて言われると、ちょっと楽しさが半減しますよね

 

僕も最初そうでしたが、「とりあえず何でもいいから入れてみたい!」という気持ちが初心者の頃は大事だと思います。

 

ただ、経験から言わせてもらえば・・・

 

  • 「今よりもおいしいコーヒーを入れたい」
  • 「おいしいコーヒーを入れやすい環境にしたい」
  • 「今後もコーヒーの技術を磨いて行きたい」

 

ということであれば、口細ポットの購入は超・おススメです。

 

正直、自分のコーヒーの腕前が数段上がったような錯覚まで起こさせてくれます(笑)

 

ケトル(やかん)だと、どうしてもお湯の微調整が難しいんですよね。

 

でも、口細ポットだと驚くほどカンタンになるのです。

 

あと、カッコいいというのも正直あります(笑)

 

じゃあ、ケトルはまったく使えないのかというと、そんなことはありません。

 

実は、僕も使っています。

 

「え?マジで?」って思われましたか?

 

そう、マジなんです。

 

実は、僕がコーヒーを入れる時のケトルの使い方はズバリ!「お湯を沸かす時」です。

 

な〜んだ!と思われたかも知れませんが、これは初心者の頃は意外と見落としがちなことなんですよ。

 

要するに、おいしいドリップコーヒーを入れる時の器具としてケトルと口細ポットは、セットで使うと良いわけです。

 

ケトルで沸かした瞬間のお湯の温度はとても高いです。

 

だから、それをそのまま使わずに常温の「口細ポット」に移します。

 

すると、温度がグンと下がりますから、少し待てばコーヒーに最適なお湯の温度が作れるわけです。

 

直接、口細ポットでお湯を沸かすと、これがけっこう面倒くさいです。

 

かなりな時間を要しますし、お湯の温度の感覚もつかみづらいでしょう。

 

なので、ケトルは口細ポットとセットで使うと、とても便利ですよ。

スポンサードリンク

関連ページ

ポット
ドリップコーヒーは口細ポットという器具を使うことで飛躍的においしく入れられるようになります。ここではドリップコーヒーのポットについて書いて行きます。
ネルドリッパー
ドリップコーヒーを入れるにはドリッパーという器具が必要です。ここではドリッパーの中のネルについて書いて行きます。
ペーパードリッパー
ドリップコーヒーを入れるにはドリッパーという器具が必要です。ここでは最もポピュラーなペーパードリッパーについて書いて行きます。
コーヒーバネット
ドリップコーヒーを入れる器具にコーヒーバネットというのがあります。ここではあまり知られていないドリッパー、コーヒーバネットについて書いて行きます。
入れ物
ドリップコーヒーの入れ物は何を使っていますか?と、先日質問をされました。ここでは、ドリップコーヒーを受ける入れ物についてご説明します。