ドリップコーヒーの淹れ方は、1人分だと腕が問われる?

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの淹れ方は、1人分だとやり方が違うの?

ドリップコーヒーの一人分の淹れ方

ドリップコーヒーを一人で楽しむ時に、「1人分ずつ淹れて飲んでみたい」という方は多いと思います。

 

実際、こだわりのコーヒーショップへ行くと、一杯ずつ丁寧にドリップしてくれるところは多いですよね。

 

ドリップという抽出法は、そのシンプルさゆえにプロの技が光り、ビジュアル的にもお洒落です。

 

そのため、コーヒー好きの方の中で、憧れを抱いている方も少なくありません。

 

プロが一杯ずつドリップするのを見ながら、「良いな〜」「おいしそう!」「カッコイイ!」などなど、様々な思いをお持ちの方も多いことでしょう。

 

ここでは、そんなドリップコーヒーを1人分ずつ淹れるときに押さえておくべきポイントや、注意点などについて書いて行こうと思います。

ドリップコーヒーを一人分だけ淹れるのは、難しい?

ドリップコーヒー 1人分

 

実は、ドリップコーヒーを一人分ずつ淹れることは、2〜3人分以上のコーヒーを淹れるよりも、少しだけ難しいです。

 

・・・なんて言うと、身構える人がいるかも知れませんね(笑)

 

ただ、その点は、ご心配にはおよびません。

 

ほんの少しだけポイントを押さえれば、初心者の方でもおいしく一人分のコーヒーを淹れることは、可能です。

 

では、まずは、基本中の基本からご説明しましょう。

 

ドリップコーヒーの一人分は、豆の量をキチンと測る

 

まず、最初に基本中の基本で、コーヒー豆の量はキチンと一人分を測って淹れましょう。

 

コーヒーの味のタイプや、目指す味の好みにもよりますが、だいたい一人分で10g前後を測っておけば間違いないです。

 

ただし、しつこいようですが、ここでご説明しているコーヒー豆の量は、大体の目安です。

 

自分が目指す味によって、コーヒー豆の量は変化するものなので、何度か淹れてみて、自分好みの「コーヒー豆の量」を探してください。

 

ドリップコーヒーの一人分は、コーヒーの抽出液の量も測る

 

コーヒーの濃さを一定にするためには、「何tまで抽出するのか?」をしっかり確認することも重要です。

 

特に、一人分のドリップコーヒーを淹れる場合、コーヒー豆の量と、コーヒー抽出液の量がほんの少しズレただけで、まったく濃さが変わってしまいます。

 

コーヒー豆のグラム数は、必ず測って、コーヒー抽出液を受ける入れ物(サーバー)も、できれば「何t」という量が分かるようなものを使いましょう。

 

僕のおススメは、ガラス製のビーカーです。

 

ビーカーなら、コーヒーの量が目盛りで正確に測れますし、透明なガラスなので、抽出したコーヒーの色や透明度なども確認できます。

 

あと、コーヒー専用のビーカーとして使えば、匂い移りすることもないので、安心です。

 

このように、一人分のドリップコーヒーを淹れる時には、「コーヒー豆と抽出液の量」を正確にすることが、とても大切なんですね。

ドリップコーヒーの1人分の淹れ方のコツ

コーヒー豆 淹れ方 1人分 コツ

では、続いて、ドリップコーヒーを一人分淹れる場合のコツをお伝えします。

 

まずは、お湯の注ぎ方についてです。

 

一人分のコーヒーをドリップする場合、2〜3人分以上のドリップよりも、コーヒー豆の量が少ないですよね?

 

コーヒー豆の量が少ないということは、その分、細くゆっくりお湯を注ぐ必要があります。

 

この点が、2〜3人分以上のコーヒーをドリップする時よりも、若干難しい部分です。

 

つまり、一人分だけをドリップする時の方が、お湯を指す時の「繊細さ」が求められるわけです。

 

意外と知られていませんが、ドリップコーヒーの抽出というのは、その量(人数)が増えれば増えるほど、味のカバーがしやすくなります。

 

一人分よりも、2〜3人分の方が味のカバーがしやすい。

 

2〜3人分よりも、、5〜6人の方がカバーしやすい。

 

10人分以上になったりすると、さらにカバーしやすくなります。

 

逆に、一人分のドリップコーヒーを淹れる時は、このような人数によるカバーができないわけですね。

 

その点が、『ドリップコーヒーは一杯だてが一番難しい』と言われる所以なのです。

 

ドリッパーは、一人分専用のものを使用しよう!

 

コーヒーのドリッパーは、一人分、2〜3人分、5〜6人分など、その量に合ったものが、各メーカーから販売されています。

 

たまに見かけるのが、一人分のコーヒーを淹れるのに「2〜3人分」のドリッパーを使っている方です。

 

もちろん、それでもおいしく淹れることは可能ですよ。

 

しかし、初心者の方がいきなりそれをやると、かなり難易度レベルが上がってしまいます。

 

言うまでもなく、一人分のコーヒーを淹れたいのであれば、一人分のドリッパーが使いやすいです。

 

初心者の方が一人分のコーヒーを淹れる場合は、ぜひ一人分専用のドリッパーを購入しましょう。

 

実際にやってみると分かりますが、コーヒーの淹れやすさがまったく違いますよ!

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
初心者がやるべき事
ドリップコーヒー初心者がまずやるべきことをお伝えします。何はともあれドリップコーヒー初心者の方は、これをやってみましょう!
ドリップの意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
正しい保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。