ドリップコーヒーの正しい入れ方とは?

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの正しい入れ方について

ドリップコーヒー初心者の方へ

ドリップコーヒーの正しい入れ方についてご説明します。

 

・・・と言っても、正直、コーヒーは嗜好品ですから、正しいとか間違ってるとかはないと思うんですよね。

 

ただし、こういう入れ方をすると不味くなるな〜というのはありますので、ちょっとご説明します。

 

ドリップコーヒーの正しい入れ方というより、やると不味くなるという入れ方ですね(汗)

 

あ、もちろん、おいしく入れるには、その逆をやれば良いということなので、参考になると思いますよ。

 

それでは、基本的なところから行きましょう。

 

まずは、コーヒーの味の命とも言える「コーヒー豆」からです。

ドリップコーヒーの正しい入れ方は、コーヒー豆の良し悪しから!

コーヒー豆 良し悪し

 

ドリップコーヒーの正しい入れ方として、絶対に押さえておかなければならないポイントが「コーヒー豆の良し悪し」です。

 

言うまでもなく、粗悪なコーヒ豆を使えば、コーヒーはまずくなります。

 

良質なコーヒー豆を使えば、多少腕が悪くても、ある程度のおいしいコーヒーはでき上がります。

 

コーヒーの正しい入れ方なんて言うと、いろいろと難しく考える方は多いようです。

 

しかし、ハッキリ言って、良いコーヒー豆を入手することさえできてしまえば、多少腕が悪くても、おいしいコーヒーを淹れることは十分可能なのです。

 

良いコーヒー豆を選ぶ

 

これは、ドリップコーヒーの正しい入れ方の80%を決めると言っても、過言ではないでしょう。

 

コーヒー豆の良し悪しは、大きく分けると2つあります。

 

  • コーヒー豆の良し悪し
  • コーヒー豆の鮮度の良し悪し

 

コーヒー豆の良し悪しは、生豆の質はどうか?虫食いでないか?欠けはないか?焙煎人の腕前はどうか?など、いろいろな要因があります。

 

コーヒー豆って、一般的には出来上がったものしか目にすることがないので、なかなか見えづらい部分とも言えますね。

 

コーヒー豆の鮮度についても、誤解されている方は多いです。

 

パッケージについている「賞味期限」は、豆の新鮮度をあらわすものではありません。

 

コーヒー豆は、いつ焙煎されたのか?ということがハッキリしないと、新鮮度が分からないからです。

 

このようなことから、シロウトの方が、いきなりコーヒー豆の良し悪しを見抜くことはなかなか難しいとも言えます。

 

なので、一番カンタンなのは、地元で自家焙煎のコーヒーショップを探して、実際に試してみることでしょう。

 

できれば、ショップのオーナーさんに訪ねて、何日に焙煎されたコーヒー豆なのか?ということを明確に聞くと良いですよ。

 

ただ、なかなか地元に良いコーヒーショップが見つからないということもあるかも知れません。

 

中には、いろいろなコーヒーショップで買いまくったけど、いまだに良いコーヒー豆に巡り逢えない!という方もいることでしょう。

 

そんな時は、珈琲きゃろっと というコーヒー通の豆専門店がおススメですので、チェックして見てくださいね。

 

このお店では、スペシャリティーコーヒーという質の高いコーヒー豆にこだわっていて、焙煎人の内倉さんは、コーヒー焙煎大会で優勝されたチャンピオンの方です。

 

ちなみに、今なら、お試し価格で買えますし、ナント驚くことに返金保証までついてます。

 

僕も、いつも使わせてもらっているコーヒー豆屋さんですので、すごくおススメですよ。

ドリップコーヒーの正しい入れ方は、お湯に気を遣うこと!?

ドリップコーヒーの正しい淹れ方、次は、抽出するお湯についてご説明しましょう。

 

まず、良く見るのが沸騰したお湯で、いきなりドボドボとドリップコーヒーを淹れる人がいますが、それは大失敗にまっしぐらのやり方です。

 

コーヒーは、熱湯で抽出すると、雑味えぐみ、嫌味などが出てしまい、まずいコーヒーになるからです。

 

ドリップコーヒーの正しい入れ方としては、90℃を少し切るくらいの低い温度のお湯を使いましょう。

 

あと、もちろん水道水はおすすめしません。キチンとミネラルウォーターか浄水を使ってくださいね。

 

グラグラ沸かして「カルキ抜き」をしても、コーヒーをおいしく飲むためにはちょっと無理があります。

 

次に、お湯を注ぐ際、初心者の方がやってしまいがちなのが、ドリッパーにお湯をかけてしまうことですね。

 

これは、ネルドリップでもペーパードリップでも、どちらでも同じです。

 

お湯が直接ペーパーやネルにかかってしまうと、そこにお湯が通る「道」ができてしまいます。

 

そうすると、コーヒーエキスの抽出が不十分になりますので、お湯は必ずコーヒー豆だけにかけるようにしましょう。

 

もちろん、「静かに、乗せるようにお湯を注ぐ」ことも、忘れないようにしてください。

 

そして、最後の正しい入れ方は非常に重要です。

 

コーヒー豆に対して適量のコーヒーエキスが抽出できたら、必ずフィルター内にお湯を残したまま、取り外すようにしてください。

 

これは、せっかく抽出によって浮きだたせたアク(泡)が、コーヒーエキスに落ちないようにするためです。

 

たまに間違って、最後まで落とし切ってしまう方を見かけますが、非常にエグいコーヒーができあがりますので、注意してください。

 

まあ、ざっとですが、ドリップコーヒーの正しい入れ方のポイントについてご説明させていただきました。

 

ちょっとしたことですが、やるとやらないとでは大違いですよ〜ぜひお試しくださいね。

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
初心者がやるべき事
ドリップコーヒー初心者がまずやるべきことをお伝えします。何はともあれドリップコーヒー初心者の方は、これをやってみましょう!
ドリップの意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
正しい保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。
1人分の淹れ方
ドリップコーヒーの淹れ方は、1人分だと腕が問われると言われていますが、どういうことでしょうか?ここでは、1人分のドリップコーヒーの上手な淹れ方についてご説明します。