ドリップコーヒーの入れ方のコツ

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの入れ方のコツについて

美味しいドリップコーヒーの入れ方のコツって何ですか?

 

と聞かれたら、僕は初心者の方にはこう答えます。

 

ドリップコーヒーの入れ方のコツは、良い豆と良い水を揃えて、低い温度のお湯でゆっくり入れること。

 

もう一つのコツは、少しお金を使う気があるなら、良いポットと良いコーヒーミルを購入することです。

 

なぜ、こう答えるのかというと・・・

 

初心者の頃ってまだ技術が高くないし、コーヒーを入れること自体にそもそも慣れてませんよね?

 

その状態で、いろいろなことを考えて頭をいっぱいにすると、それこそ訳が分からなくなります。

 

でも、今ならべたドリップコーヒーの入れ方のコツって、すべて「技術が不要」なんです。

 

つまり、初心者の方でも、これらのコツをおさえてコーヒーを入れることは、カンタンなわけですね。

 

そして、このコツの良いところは、それだけではありません。

 

美味しいコーヒーを入れるコツって、「良い豆・良い水・低い温度のお湯を使う」という3つのコツが、実は最も重要なのです。

 

こういうこと言うと怒る人がいますけど、技術なんていうのは、結構「二の次」です。

 

どんなコーヒーの達人だって、この3つが揃っていなければ、美味しいコーヒーを入れることは不可能ですから。

 

裏を返せば、初心者だって、この3つのコツをおさえれば、ある程度の美味しいコーヒーは、カンタンに入れられるわけです。

ドリップコーヒーの入れ方のコツ〜お湯の注ぎ方〜

まあ、そうは言っても、ドリップコーヒーの入れ方のコツを知りたいという方は、結構いらっしゃるでしょう。

 

なので、初心者の方にもできる「ドリップコーヒーの入れ方のコツ」をお伝えします。

 

あ、ここで言うコツは「技術面においてのコツ」になります。念のために。

 

まず、ドリップコーヒーの入れ方の技術という意味でのコツは、お湯の注ぎ方にあります。

 

ドリップコーヒーのお湯の注ぎ方は、以下の3つのコツを意識しましょう。

 

  1. 細く
  2. 静かに
  3. ゆっくり

 

その際、もちろん口細のポットを使うことは、必須条件と言えます。

 

さらにお湯の注ぎ方を詳しくお話すると・・・

 

まずは、ポットを軽く握ったら脇をしめて、なるべく手首を動かさずに、ゆっくりとポットを傾けましょう。

 

よく見かけるのが、手首をクイックイッと回しながら注ぐ方ですが、それは、あまりおススメしません。

 

なぜなら、余計な動きが加わることで、お湯が静かに注がれなくなるからです。

 

真ん中から、静かに「のの字」を描くように、外側へ向けて段々と範囲を広げて行きましょう。

 

それと、お湯を注ぐ際、ペーパーフィルターやネルフィルターに直接お湯をかけないことはとても重要です。

 

かけてしまうと、コーヒー豆にお湯が当たらずに、サーバーへお湯だけが流れるということが起きてしまいます。

 

これは、ドリップコーヒーの入れ方のコツとしてはかなり重要なことですよ。

ドリップコーヒーの入れ方のコツ〜蒸らしのタイミング〜

ドリップコーヒーの入れ方のコツをもう一つだけお伝えしておきましょう。

 

ドリップコーヒーの入れ方において「蒸らし」は、コーヒーの味を決定づけるコツ、というか「鍵」と言っても過言ではありません。

 

では、具体的にお湯を注ぐところからご説明しましょう。

 

まず、一投目のお湯は、サーバーに液体が落ちるか落ちないかのギリギリまで注ぎます。

 

ちょうど、コーヒー豆の全体にお湯が行き渡り、さらにそのお湯が下に落ちないという状態ですね。

 

これは、初心者の方にはちょっと難しいので、何度も練習を重ねてやってみてください。

 

そして、全体にお湯が行き渡ったら、少しの間、蒸らします。

 

その際、「30秒蒸らしましょう」とか、「20秒蒸らしましょう」というように時間によって「蒸らし」を語る方がいますが、それは正確ではありません。

 

なぜなら、コーヒー豆は、毎回膨らみ方が違うからです。

 

そのため、ドリップコーヒーの入れ方として正しい蒸らしのコツは、「コーヒー豆が膨らみのピークになるまで待つ」ということです。

 

そして、コーヒー豆の膨らみがピークを迎えたら、その瞬間を逃さずに、素早く、静かに二投目のお湯を注ぎます。

 

実は、ドリップコーヒーの入れ方は、この二投目のタイミングを逃さないことが非常に大きなコツの一つなのです。

 

ちょっと難しい話だったかもしれませんが、やってみるとだんだん分かって来ますよ。

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。