ドリップコーヒーの濃いめの入れ方は?

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの濃いめの入れ方は、どういうの?

ドリップコーヒーを濃いめに入れる時の、正しい入れ方はありますか?

 

・・・と、僕がドリップのやり方を教えている人からご質問がありました。

 

ドリップコーヒーの濃いめに入れるというのは、コーヒー初心者の方よりも、ちょっとコーヒーの味がわかってきた方がトライしたくなる内容です。

 

その方は、ドリップを始めて3カ月くらいが経ちましたので、だんだんと自分の味が見えてきたのでしょう。

 

ここでは、ドリップコーヒーを濃いめに入れるために、押さえるべき点や入れ方についてご説明します。

ドリップコーヒーの濃いめの入れ方〜コーヒー豆

ドリップコーヒーを濃いめで入れようとする場合、コーヒー豆をどう選ぶのかはとても大切です。

 

ここでは、濃いめの入れ方の話の前に、コーヒー豆の選び方をご紹介しましょう。

 

コーヒー豆の焙煎度

 

ドリップコーヒーの濃いめというのは、基本的に「苦み系」のコーヒーの入れ方で抽出します。

 

そのため、コーヒー豆の焙煎度(ロースト)はおのずと「深煎り」を選ぶことになります。

 

ローストの名前でいうと「フルシティ」以上ですね。

 

フレンチローストとか、イタリアンローストというレベルだと、それはもう〜素晴らしく濃いめのコーヒーになります。

 

深煎りの豆でドリップコーヒーを入れると、色合いは褐色というよりも「真っ黒」で、トロリとした感じのコーヒーが出来上がります。

 

コーヒー豆の挽き方

 

濃いめのドリップコーヒーを入れる場合、豆の挽き方は細かい方が良い。

 

・・・と思う方がいらっしゃいますが、これは実はそんなことはありません。

 

いえ、もちろん細挽きにすると、濃いめにはなりますよ。

 

しかし、それと同時にコーヒーの雑味や渋みなども一緒に抽出されやすくなります。

 

なので、濃いめのコーヒーを入れるからと言って、コーヒー豆の挽き方を細かくする必要はありません。

 

中細挽き〜中挽きくらいが適切でしょう。

ドリップコーヒーの濃いめの入れ方〜コツは?

ドリップコーヒーを濃いめに入れる入れ方のコツをいくつかご紹介しましょう。

 

ちなみに、全部は無理なので大切なポイントをいくつか書いておきます。

 

お湯の温度は低めにする

 

ドリップコーヒーを濃いめでいれようとする場合、お湯の温度は通常よりも低くする必要があります。

 

高温の方が濃く入れられそうと思う方が、もしかしたらいるかも知れません。

 

しかし、ドリップコーヒーは「温度の高さ」で濃く入れようとしてはダメなのです。

 

なぜなら、高くすれば、それだけ雑味やえぐみが一緒に抽出されるからです。

 

なにがなんでも「温度は低め!」なのです。

 

数字で言うと80〜85℃くらいが良いでしょう。

 

抽出時間は長めにする

 

ドリップコーヒーの濃いめに入れるには、温度を低めにすると言いました。

 

でも、それだけだと薄くなりそうな気がするでしょう。

 

そこで重要になってくるのが「時間」です。

 

ドリップコーヒーの濃いめをおいしく入れるには、長い時間をかけて抽出することが重要なのです。

 

つまり、正しい入れ方をまとめるとこうなります。

 

低い温度のお湯(80〜85℃くらい)で、じっくり長い時間(3〜4分くらい)かけて抽出するのが、ドリップコーヒーを濃いめに入れるのに一番適したやり方なのです。

 

他にもまだまだありますが、今回はこれくらいにさせていただきます。

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。