ドリップコーヒーの浅煎りは初心者向け?

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの浅煎りは初心者向けか?

ドリップコーヒーを入れるにあたって、浅煎りのコーヒーは初心者におススメと言えるのでしょうか?

 

ちなみに、浅煎りのコーヒーというのは、焙煎(ロースト)が深いか浅いかという目安のことです。

 

つまり、ドリップコーヒーの浅煎りというのは、焙煎が浅いコーヒー豆をドリップして飲むという意味ですね。

 

浅煎りを選ぶべきか?深煎りを選ぶべきか?

 

これは、自分がどんな味のドリップコーヒーを目指すのかによって変わって来ます。

 

ここでは、ドリップコーヒーを浅煎りのコーヒー豆で入れる際におさえるべきポイントについて触れて見ます。

ドリップコーヒーの浅煎りはどんな味?

ドリップコーヒーは、浅煎りでも深煎りでも、美味しく入れられる万能抽出方法と言えます。

 

ところで、浅煎りのコーヒーってどんな味なのですか?という初心者の方がたまにいらっしゃいますので、ご説明しておきます。

 

浅煎りのコーヒーは、味わいでいうと苦みが少なく、どちらかというと酸味の方が強めのコーヒーのことです。

 

ちなみに、薄く入れたコーヒーのことを浅煎りのコーヒーと思っている人がいますが、それはまったくの誤りです。

 

薄いコーヒーは、色が薄いというだけですので、浅煎りでも深煎りでも作ることが出来ます。

 

浅煎りのコーヒーは、あくまでもコーヒー豆の焙煎が浅いということ。

 

そして、コーヒー豆の色合いで言うと、ベージュ色に近い感じです。

 

逆に、コーヒー豆の色が黒に近づくほど、焙煎度が深いということになります。

 

焙煎の深さには、段階があって、一番浅煎りの焙煎をライトローストと言います。

 

二番目に浅い煎りのことをシナモンローストと言います。

 

でも、ライトローストもシナモンローストも、コーヒー豆の青臭さが若干残っているので、浅煎りのコーヒーと言えども、ドリップコーヒーには使用しません。

 

ですので、ドリップコーヒーの適している「浅煎り」と呼ばれるコーヒー豆は、三番目の段階となります。

 

つまり「ミディアムロースト」という焙煎度ですね。

 

ミディアムローストは、酸味が強いコーヒーが楽しめて、逆に苦みはほとんどないと言って良いでしょう。

 

ミディアムロースとは、別名「アメリカンロースト」とも呼ばれます。

 

一般的に、ドリップコーヒーで浅煎りと言えば、この焙煎度だと思ってください。

ドリップコーヒーの浅煎りに適したコーヒー豆の種類は?

ドリップコーヒーを浅煎りで淹れたい場合、コーヒー豆の種類をどうすべきか悩む方は多いようです。

 

基本的に、浅煎りのコーヒー豆は「酸味を引き立たせる」ということが、焙煎の意図するポイントです。

 

なので、酸味やそれに見合う香りが特徴となるコーヒー豆を選ぶべきでしょう。

 

たとえば、マンデリンやガテマラなどのコーヒー豆の種類だと、苦み系ですので、あまり浅煎りのドリップコーヒーには適しません。

 

アイスコーヒーによく使用されるジャバロブスターなども向かないですね。

 

これらは、どちらかというと苦みを引き立たせて飲むという「中上級者向けのコーヒー」と言えます。

 

ドリップコーヒーの浅煎りでよく使用されるのは、モカ、ブルーマウンテン、キリマンジャロなどですね。

 

これらは、焙煎がどちらかというと浅煎りの傾向があります。

 

ですので、初心者の方がドリップコーヒーで浅煎りを試したい場合には、ピッタリの種類と言えるでしょう。

 

名前も非常に有名ですので、耳にすることも多いと思います。

 

浅煎りのコーヒーは、口当たりが軽いということもあって、ゴクゴク飲めちゃいます。

 

ライトな感覚でドリップコーヒーを楽しみたい方に向いていますので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。