ドリップコーヒーが酸化するのがイヤだって?

スポンサードリンク

ドリップコーヒーが酸化する!どうして?

ドリップコーヒーが酸化するということで嘆かれる方はけっこういらっしゃいます。

 

たとえば、コーヒーをドリップした直後に飲んだ時は、美味しかったのに、しばらく経ったら酸化して酸っぱくなってしまった。

 

あるいは、ドリップコーヒーを淹れる段階で、すでに酸化したコーヒー豆を使っている人もいらっしゃいます。

 

そんなコーヒーを飲んだ瞬間に「ゲッ!コーヒーが酸化してる!」となるわけですね。

 

酸化して酸っぱいドリップコーヒーなんて絶対に飲みたくありませんよね。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

ドリップコーヒーが酸化する原因は?

ドリップコーヒーが酸化して酸っぱくなる原因はいろいろとあります。

 

まず、一番基本的なところから考えると、前述した「コーヒー豆が古い」ということが挙げられます。

 

コーヒー豆の古さについては、このサイトで何度も口を酸っぱく(笑)して述べています。

 

特に、もともと酸味系のコーヒー(たとえばキリマンジャロ、モカ、ブルーマウンテン等)が酸化すると、ホントに酸っぱくてイヤになります。

 

「酸味系のコーヒー豆が古い」というのが一番、ドリップコーヒーの酸化(酸っぱさ)を感じやすいですからね。

 

なので、ドリップコーヒーの酸化による酸っぱさが特にキライな方は、以下の2点を守りましょう。

 

  1. 新しいコーヒー豆を使う(焙煎日がハッキリしている豆)
  2. 酸味系のコーヒー豆を使わない(キリマンジャロ、ブルーマウンテン等)

 

酸化の進んだドリップコーヒーは、本当に不味くて嫌になります。

 

新しくて、酸味の少ないコーヒー豆を使ってマイルドなコーヒーを淹れましょう。

ドリップコーヒーが酸化する〜コーヒー豆が新しい場合〜

新しいコーヒー豆を使っているのに、酸化によってドリップコーヒーが不味くなることは、もちろんあります。

 

その場合は、コーヒーをドリップした直後は、まちがいなくマイルドでおいしいコーヒーだったはずです。

 

しかし、その淹れたドリップコーヒーを、その後、どういう状態で置いておくかによって酸化するかどうかが決まって来ます。

 

たとえば、よく見かけるのが、コーヒーメーカーなどの保温機の上にコーヒーサーバーを置いておく方です。

 

これは、酸化したドリップコーヒーを飲みたくなければ、絶対にやってはいけません。

 

なぜなら、保温機は、下からコーヒーを温めつつコーヒーそのものをずっと空気に触れさせるわけですから、酸化・劣化スピードがハンパないからです。

 

ですから、ドリップコーヒーを保温したい気持ちは分かりますが、保温機は使用しない方が良いでしょう。

 

では、どうするのか?

 

まず第一に、コーヒーサーバーは可能な限り密閉して、ドリップしたコーヒーを酸素に触れさせないことが大切です。

 

そのために、まずは、コーヒーサーバー(入れ物)は小さめのものを使うと良いです。

 

大きいコーヒーサーバーにコーヒーを入れると、それだけ空気が入る空間が大きくなりますから、酸化スピードだって早いです。

 

そのため、せっかく淹れたドリップコーヒーが酸っぱくなりやすいんですよね。

 

僕がやっている方法は、保温するときは光の入らない陶器のポットに入れ、その上から「ティーコジー」をかぶせるというものです。

 

そうすることによって、ドリップコーヒーが光や空気に触れる確率がグンと下がります。

 

さらには、保温も出来るので30〜40分くらいは、温かいドリップコーヒーを酸化させずに楽しむことができるのです。

 

ドリップコーヒーを空気に触れさせないようにしつつ、上手に保温することが、酸化の少ないおいしいコーヒーを長く飲む秘訣ですよ。

スポンサードリンク

関連ページ

注意点
初心者がドリップコーヒーを入れた時、失敗の原因を見つけることは非常に大切です。ここではそんなドリップコーヒーの失敗原因についてご説明します。
うまくいかない
初心者がドリップコーヒーを入れる際、うまくいかないと嘆く方がいらっしゃいます。ここでは、ドリップコーヒーがうまくいかない時の原因や対処法についてご説明します。
スーパー
ドリップコーヒーはスーパーで買っても良いか?ということを初心者の方に質問されたことがあります。ここではドリップコーヒーをスーパーで買うことについてご説明します。
えぐみ
ドリップコーヒーを入れた時、味に「えぐみ」を感じることがあります。ここではドリップコーヒーで「えぐみ」が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
薄い
ドリップコーヒーを入れた時、味が薄いと感じることがあります。ここでは、ドリップコーヒーを自分で淹れた時に「薄い」と感じてしまう原因や対処法についてご説明します。