コーヒー豆の計量スプーン

スポンサードリンク

コーヒー豆を計量する計量スプーンについて

あなたは、コーヒー豆を計量する時に、何を使って測りますか?

 

たぶん多くの方は、計量スプーンを使っていらっしゃることでしょう。

 

計量カップと言う場合もありますよね。

 

あと、計量スプーンやカップがないからと、普通の大さじなどで計量する方も結構多いと思います。

 

ところで、コーヒー豆を計量スプーンで測る時、「豆を挽いた状態の粉を測るのか、豆の状態で測るのか」ちょっと迷うところではありますよね?

 

結論から言えば、「豆の状態」で測った方が良いです。

 

なぜなら、おいしいコーヒーを入れるためには、コーヒー豆はその都度挽くということが、絶対に必要だからです。

 

粉末状態のコーヒー豆を計量スプーンで測るということは、すでに挽いた状態になってるということですからね。

 

なので、まずはコーヒー豆は「豆の状態」で計量すると覚えておきましょう。

 

あ、ただしコーヒーミルを購入するつもりがないという場合は、その限りではありません。

コーヒー豆の計量スプーンはメーカーによって様々

コーヒー豆を測る計量スプーンは、メーカーによって大きさがまったく違います。

 

たとえば、20年ほど前に僕が使っていた計量スプーンは、グラム数にして、13gほどの大きさでした。(逆三角形のやつ)

 

ちなみに、僕が使っているコーヒー豆で測った場合のことで、他のコーヒー豆だとこれは変わりますので、誤解のないように。

 

その後に使った計量スプーンは、もう少し大きめが良かったので、20gくらい入るタイプでした。(円柱タイプ)

 

このように、メーカーによって仕様がまったくちがうので「計量スプーン一杯分」という言葉は、とてもあやふやなのだと覚えておいてください。

 

それを考慮せずに、「計量スプーン1杯でコーヒー1杯分です」という無責任なことを書いている人がいらっしゃいますが、これはいただけません。

 

計量スプーンの正しい使い方は、この後に書いていますので、ご覧ください。

計量スプーンによるコーヒー豆の正しい測り方

コーヒー豆を計量スプーンで測る場合、かなりアバウトな測り方の人が多いと思います。

 

もちろん、「毎回違った濃さのコーヒーができるのが楽しい」という方の場合は、アバウトで大いに結構だと思います。

 

ただし、少なくとも常においしいコーヒーをコンスタントに入れたい方や、コーヒー抽出の練習中の方は、キチンと測った方が良いです。

 

毎回のコーヒーの味が「豆の量」によって変化すると、コーヒーテイスティングの判断基準が曖昧になりますからね。

 

基準となるコーヒー豆の量は、常に一定が良いわけです。

 

おススメの計量の方法は、まずは自分が持っている計量スプーンが「一杯何グラム」かをキチンと把握することです。

 

そのためにも、すりきり一杯のコーヒー豆を「ハカリ」にかけて何グラムか確認して置きましょう。

 

そして、それを元に毎回の計量スプーンの測り方の目安を決めるわけですね。

 

慣れてくると、計量スプーンを一つ持てば、コーヒー豆のグラム数まで一瞬で分かるようになりますよ。

スポンサードリンク

関連ページ

選び方
コーヒー豆の選び方で初心者が見るべきポイントは何でしょうか?ここでは初心者のためにコーヒー豆の選び方について書いていきます。
一杯何グラム
コーヒー豆は一杯に何グラム使うとおいしい珈琲が入れられますか?という質問を初心者の方から良くいただきます。ここでは一杯何グラムのコーヒー豆が適切なのかについてご説明します。
膨らまない
ドリップコーヒーを入れる際、コーヒー豆が膨らまないと悩む方は多いようです。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる上でコーヒー豆が膨らまないことについてご説明します。
賞味期限
コーヒー豆は賞味期限が切れても飲める!ということを平然と言う方がいらっしゃいます。ここではコーヒー豆と賞味期限の関係についてご説明します。
シルバースキン
コーヒー豆の中にはシルバースキンというものがあります。ここではコーヒー豆のシルバースキンについてご説明します。
微粉
コーヒー豆を挽くと、必ず微粉というものが出ます。ここではコーヒー豆を挽いた際に出る微粉についてご説明します。
深煎り
コーヒー豆の深煎りをおいしく淹れるためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではコーヒー豆の深煎りについてご説明します。