ドリップコーヒーの器具 ポット

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの器具 ポットについて

ドリップコーヒー初心者の方へ

初心者の時は、器具はあまり気にせず、まずは入れてみることが大切というのは前述しました。

 

今回は、確実においしいコーヒーを入れるために必要となる器具についてちょっと書いてみます。

 

あ、器具ですから、コーヒー豆と水は「材料」ということで省かせていただきます。

 

まず、一つ目に必要となる器具ですが、やはりこれでしょう。

 

口細の「ポット」です。

 

おいしいコーヒーを入れるためには、お湯を注ぐ時の微妙な調整が必要となります。

 

これがケトル(やかん)の場合だと、どうしても限界があるんです。

 

ですから、口細のポットは、本気でドリップコーヒーをおいしく入れようと思うなら、絶対に入手していただきたいです。

 

ポットの材質はステンレスがグッドです。

 

ホーローとかガラスのポットも市販されていますが、耐久性、使いやすさ、湯温のコントロール、すべてを考慮した中で「ステンレス」が一番です。

 

ちなみに、僕が使っているステンレスの口細ポットは、もうかれこれ25年以上も使っています。

 

でも、まだまだず〜っと使えそうな感じなので、このままいけば一生モンかなって感じです。

 

まあ、それだけステンレスのポットは耐久性に優れているんですね。

 

ずっと使っていると愛着もすご〜く湧きますよ。

 

あと、これは可能であればでイイですが、ポットの「取っ手」「注ぎ口」はなるべく近い方がイイです。

 

使っていくと分かりますが、取っ手と注ぎ口が遠いポットの場合、技術が上がった時に物足りなさを感じると思います。

 

要するに、超・微妙なお湯のコントロールがし辛いんですね。

 

あとあと後悔しないためにも、この部分はしっかりと押さえておきましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

ネルドリッパー
ドリップコーヒーを入れるにはドリッパーという器具が必要です。ここではドリッパーの中のネルについて書いて行きます。
ペーパードリッパー
ドリップコーヒーを入れるにはドリッパーという器具が必要です。ここでは最もポピュラーなペーパードリッパーについて書いて行きます。
ケトル(やかん)
ドリップコーヒーを入れる器具にケトル(やかん)ではダメですかというご質問が結構多いです。ここではドリップコーヒーを入れる際の、ケトル(やかん)の役割について書いて行きます。
コーヒーバネット
ドリップコーヒーを入れる器具にコーヒーバネットというのがあります。ここではあまり知られていないドリッパー、コーヒーバネットについて書いて行きます。
入れ物
ドリップコーヒーの入れ物は何を使っていますか?と、先日質問をされました。ここでは、ドリップコーヒーを受ける入れ物についてご説明します。