ドリップコーヒーメーカーの入れ方のコツ

スポンサードリンク

ドリップコーヒーメーカーの入れ方のコツについて

ドリップコーヒー初心者の方へ

初心者がコーヒーを入れるのには、とてもお手軽なドリップコーヒーメーカーですが、おいしく入れるためのコツについてご説明しましょう。

 

ドリップコーヒーメーカーは、その名の通り「コーヒーを入れる」という作業そのものは、ほとんど機械まかせと言ってよいでしょう。

 

つまり、おいしくコーヒーを入れるための「腕前」は必要ないということになります。

 

しかし、そうは言っても抑えるべき点を抑えるだけで、出来上がるコーヒーの味わいは大きく変わります。

 

そこで、今回は、ドリップコーヒーメーカーを使って美味しくコーヒーを入れるためのコツについてご説明します。

ドリップコーヒーメーカーのコツ1〜新鮮なコーヒー豆を使う

まず、これはドリップコーヒーに限らずどのコーヒーにも言えることですが、なにがなんでも「新鮮なコーヒー豆を使う」ということです。

 

この点について勘違いしている方が多いので、少し補足しておきます。

 

たとえば、スーパーやコンビニで売っているコーヒー豆を買った日に挽いて飲むということだけでは、新鮮なコーヒー豆とは言えません。

 

「え、でも賞味期限ちゃんと見てるし!」

 

という方もいるとは思いますが、それでも不十分です。

 

コーヒー豆の鮮度で重要なのは、賞味期限ではなく焙煎日です。

 

以外と知られていませんが、コーヒー豆は焙煎したら、その瞬間から劣化や酸化が始まるものです。

 

できれば、自家焙煎か焙煎したてのコーヒー豆を瞬間冷凍したものや、完全密閉されたものを購入するようにしてください。

 

古いコーヒー豆を使えば、どれだけ性能の良いコーヒーメーカーを使ったとしても、おいしいコーヒーは入れられませんからね。

 

自宅で美味しいコーヒーを楽しむために、コーヒー豆の鮮度はしっかりと確認するようにしましょう。

ドリップコーヒーメーカーのコツ2〜コーヒーは粉ではなく「豆」で買う

一般的に、コーヒー豆を「粉の状態」で買う方は多いようです。

 

ほとんどの人はコーヒーミルを持っていないことが多いので、コーヒーショップでもその場で豆を挽いてくれるところが多いです。

 

しかし、これがおいしいコーヒーを入れるための「命取り」となります。

 

コーヒー豆を挽いてしまうと、豆の表面積が広くなることで酸素に触れる面が増えますから、酸化しやすくなります。

 

コーヒー豆は、酸化が進めば進むほど、ドリップしたコーヒーの味はまずくなります。

 

できれば、コーヒーミルを購入した後、コーヒー豆を「豆の状態」で入手して、飲む分を飲むだけ挽くようにしましょう。

 

最近のドリップコーヒーメーカーは、ミル付きの製品も多いので、それがある場合は、活用するようにしてください。

 

これだけで、コーヒーの味が天と地くらい変わって来ますよ。

ドリップコーヒーメーカーのコツ3〜良い水を選ぶ

コーヒーの味にとって、水はコーヒー豆を同じか、もしくはそれ以上に重要なポイントです。

 

たまに、水道水を使ってコーヒーを入れる方を見かけることがありますが、これはおススメできません。

 

もしも、100歩譲って水道水を使うのであれば、15分以上はグラグラ沸かしてから使うようにしましょう。

 

ただ、個人的な意見としては絶対に浄水器かミネラルウォーターをおススメします。

 

最近のドリップコーヒーメーカーには浄水機能がついているものもありますので、それを活用するのも良い方法かも知れません。

 

あと、水と言えば「硬水」「軟水」という分け方がされます。

 

カンタンに言えば、硬水はミネラル分が多く、軟水は少ない水のことです。

 

日本の水は、基本的に「軟水」が多いのですが、軟水の場合はコーヒーの味が少しライトな感じになります。

 

逆に、「硬水」は海外からの水に多いですが、こちらはズッシリと思い味わいになります。

 

管理人がよくやるのは、焙煎が浅め酸味系のコーヒーは「軟水」、焙煎が深めの苦味系のコーヒーは「硬水」が適していますね。

 

まあ、お好みもありますので、ご自身でいろいろとやってみると良いでしょう。

ドリップコーヒーメーカーのコツ4〜コーヒーを入れる器具やカップは温めておく

コーヒーの器具を温めるというのは、意外とやっていない人が多いように思います。 コーヒードリッパー、コーヒーサーバー、コーヒーカップなどは事前に必ず温めておくようにしましょう。 ドリッパーを温めておくのは、コーヒー豆の抽出温度を安定させるためです。 コーヒーサーバーは、コーヒーを入れている間に冷めるのを防ぐためです。 そして、ご自身が飲むコーヒーカップは、淹れたてのコーヒーを冷めさせないためです。 コーヒーは温度変化によって、味が大きく左右されます。 特に、温かいコーヒーに素晴らし香りがたっているのに、それが一瞬で冷めることは、なんとも悲しい話です。 おいしいドリップコーヒーを楽しむためにも、それぞれの器具は必ず温めるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

使い方
初心者がドリップコーヒーを入れる時に便利なのがドリップコーヒーメーカーです。ここでは、そんなドリップコーヒーメーカーの使い方についてご説明します。