ドリップコーヒーの入れ方 蒸らし

スポンサードリンク

ドリップコーヒーの入れ方 蒸らし

ドリップコーヒー初心者の方へ

ドリップコーヒーをおいしく入れるために、蒸らしは不可欠な工程です。

 

もしかしたら、初心者の方で「蒸らし」をご存知ない方もいらっしゃるかも知れないので、一応ご説明します。

 

「蒸らし」とは、ドリップコーヒーを入れる際、1回目のお湯を注いだ後に少しだけ注湯を休み、コーヒー豆が膨らむのを待つ工程のことです。

 

蒸らしをキチンと行うことで、コーヒー豆がしっかりと膨らんで「エキス抽出」の準備が整います。

 

すると、2回目の注湯を行ったところから一気に旨味が抽出されます。

 

結果的に、おいしいドリップコーヒーが出来上がるわけです。

 

逆に、キチンと蒸らしが行われていないとコーヒー豆の旨みが抽出されず、魂が抜けたようなコーヒーが出来上がります。

 

で、良く聞かれるのが、この蒸らしの時間です。

 

一般的には、30秒とか40秒とか、人によってはもっと長くという言う方がいらっしゃいますね。

 

だけど、実をいうと蒸らしの時間は、以下のことに左右されます。

 

  1. 自分の目指すコーヒーの味
  2. コーヒー豆の焙煎度
  3. コーヒー豆を挽いた粒の粗さ

 

まず、1番目の「自分の目指すコーヒーの味」で蒸らしの時間は変わります。

 

深みのある苦味のコーヒーなのか?
さわやかな酸味のあるライトなコーヒーなのか?

 

によっても違うわけですね。

 

苦味を出したい場合は、蒸らしの時間は少し長く取る必要があります。

 

逆に、ライトな酸味のコーヒーにしたい場合は、少し短めにします。

 

2番目の「コーヒー豆の焙煎度」は、1番目の「目指すコーヒーの味」につながるところがあります。

 

焙煎度が深ければ、苦みが強いコーヒーですし、浅ければ酸味を出したいコーヒーだからです。

 

焙煎が深いコーヒー豆は、蒸らしの時の豆の膨らみ方が若干ゆっくり目です。

 

あと、湯温も低めに取りますので、さらにゆっくり目です。

 

苦味のコーヒーを目指す場合は、さらにじっくり蒸らす必要があるのです。

 

最後に、3番目の「コーヒー豆を挽いた粒の粗さ」ですが、これはコーヒー粉末の持つ「表面積」の違いですね。

 

粗挽きの場合は、表面積がせまくてお湯が触れる面が狭いので、ちょっと短め。

 

細引きの場合は、表面積が広くてお湯が触れる面が広いですから、ちょっと長めです。

 

・・・とまあ、いろいろと書きましたが、要するに・・・

 

「蒸らしは時間で測るものではない」

 

ということです。

 

自分でお湯を注げばコーヒー豆は膨らみます。

 

その膨らみ度合いを見ながら、毎回自分で微調整していくわけですね。

 

豆の膨らみ方を見ながらコーヒーを味見すると、毎回大きな発見があります。

 

これが、またドリップコーヒーを入れる楽しみの一つでもありますので、良く見ながらやって見て下さいね。

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
初心者がやるべき事
ドリップコーヒー初心者がまずやるべきことをお伝えします。何はともあれドリップコーヒー初心者の方は、これをやってみましょう!
ドリップの意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
お湯の適温
おいしいドリップコーヒーを入れるには、お湯の温度を適温にすることが大切です。ここではドリップコーヒーの適温についてご説明します。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
正しい保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。
1人分の淹れ方
ドリップコーヒーの淹れ方は、1人分だと腕が問われると言われていますが、どういうことでしょうか?ここでは、1人分のドリップコーヒーの上手な淹れ方についてご説明します。