ドリップコーヒーをスーパーで買うってどうなの?

スポンサードリンク

ドリップコーヒーをスーパーで買っておいしく飲めるか?

ドリップコーヒー初心者の方へ

ドリップコーヒーをスーパーで買って来ておいしく飲めるかどうか?

 

・・・と初心者の方に質問されたことがあります。

 

ちなみに、ここで言っているスーパーで買ってくるというのは、すでにドリップされたコーヒーをスーパーで買うという話ではありません。

 

スーパーでコーヒー豆を買って来て、自分でドリップコーヒーを入れるという意味になります。

 

では、スーパーのドリップコーヒーのことについて、初心者のためにご説明しましょう。

ドリップコーヒーをスーパーで買ってはいけない?

まず、ドリップコーヒーの豆をスーパーで買うことについてご説明しましょう。

 

これについての答えは、たった一言で終わります。

 

その辺のスーパーでドリップコーヒーの豆を買うことは、あまりおススメできません。

 

少なくとも、僕が知っている限りの「その辺のスーパー」の話です(笑)

 

じゃあ、それはなぜでしょうか?

 

これには、2つの理由があります。

 

まず一つ目の理由が、スーパーのドリップコーヒーの豆は「粉の状態」で販売されていることが多いということです。

 

コーヒー豆は、豆の状態からグラインダー(コーヒーミルのこと)を使って粉の状態に挽かれますよね?

 

これは、初心者の方にもなじみのある話だと思います。

 

しかし、ドリップコーヒーに限らず、コーヒー豆というのは、挽かれた瞬間から「劣化スピード」が一気に加速します。

 

どんなことが起きるのかというと、まず豆の表面積が一気に広がります。

 

そのレベルは、何千倍とも何万倍(いや…もっと?)にもなるわけです。

 

そのため、酸素に触れる面がケタ違いに広くなることにより、酸化のスピードが恐ろしく早まってしまいます。

 

そんな状態になった「粉のコーヒー豆」を持ち帰っても、挽いた時の鮮度は、1日も持たないでしょう。

ドリップコーヒーはスーパーで豆を買って、家で挽けばよい?

じゃあ、ドリップコーヒーの豆を挽いてない状態で買って来て、家のコーヒーミルで、毎回挽けば問題ないんじゃない?と思う方もいるでしょう。

 

ところが、それがドリップコーヒーの豆をスーパーで買ってはいけない2番目の理由に繋がるわけです。

 

そもそも、スーパーで売っているコーヒー豆は、焙煎日が明確ではありません。

 

パッケージを見てください。こう書かれているはずです。

 

「賞味期限:20○○年、●月▲日」

 

実は、コーヒ―豆って「賞味期限」に書かれているように「1年」とか絶対持ちません!

 

せいぜい、焙煎してからどんなに長くても1か月が限界です。(ホントは1カ月も無理)

 

それ以上の日数が経ったコーヒー豆の場合、ドリップコーヒーの腕前がどんなに良くても、美味しく入れるなんて不可能です。

 

それにも関わらず、その辺のスーパーへ行くと、平然と何カ月も棚に置かれているコーヒー豆があったりするわけですね。

 

まあ、売り場の人も知らないことなので、仕方ないのですが・・・

 

あ、でも、ドリップコーヒーの中でスーパーで問題ないものもありますよ。

 

それは「ペーパーフィルター」です!(笑)

 

コーヒー豆の「賞味期限」と「おいしく飲める期限」は別物だと思いましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

注意点
初心者がドリップコーヒーを入れた時、失敗の原因を見つけることは非常に大切です。ここではそんなドリップコーヒーの失敗原因についてご説明します。
うまくいかない
初心者がドリップコーヒーを入れる際、うまくいかないと嘆く方がいらっしゃいます。ここでは、ドリップコーヒーがうまくいかない時の原因や対処法についてご説明します。
えぐみ
ドリップコーヒーを入れた時、味に「えぐみ」を感じることがあります。ここではドリップコーヒーで「えぐみ」が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
薄い
ドリップコーヒーを入れた時、味が薄いと感じることがあります。ここでは、ドリップコーヒーを自分で淹れた時に「薄い」と感じてしまう原因や対処法についてご説明します。
酸化
ドリップコーヒーを淹れてしばらく経つと、酸化してコーヒーが酸っぱいと感じることがあります。ここではドリップコーヒーが酸化して酸っぱくなる原因や対処法についてご説明します。