コーヒー豆のシルバースキンとは?

スポンサードリンク

コーヒー豆のシルバースキンって知ってますか?

ドリップコーヒーを上手に入れたいあなたは、コーヒー豆の中の「シルバースキン」という言葉を聞いたことはありますか?

 

コーヒー豆のシルバースキンを取り除くと、ドリップコーヒーの味がグッと良くなります。

 

シルバースキンとは、日本語にすると「銀皮」ですね。渋皮とも言います。

 

つまり、コーヒー豆の外側をぐるっと覆っている「薄い皮」のことをシルバースキンと呼ぶのです。

 

あ、ほら、分かりやすいところで言うと、ピーナツの中に渋い皮がありますよね?

 

そのコーヒー豆バージョンだと思うと分かりやすいと思います。

 

シルバースキンは、挽いたコーヒー豆の粉を見るとよく分かりますが、コーヒー色の中にチラホラと白っぽい皮が混じっています。

 

あれを取り除くと、コーヒーの腕前に関係なくコーヒーの味が良くなります。

 

ここでは、コーヒー豆の中にあるシルバースキンを除去して、ドリップコーヒーをさらにおいしくする方法をお伝えします。

コーヒー豆のシルバースキンを除去するとどうなるの?

では、コーヒー豆の中のシルバースキンを除去すると、具体的にドリップコーヒーはどんな味わいになるのでしょうか?

 

ひと言で言えば、雑味(渋み)がグッと減って、スッキリとしたまろやかなコーヒーに仕上がってくれます。

 

ただし、ほとんどの方は、このシルバースキンの存在そのものを知らなかったりするので、コーヒーの味に渋みが混じっていることに気づいていません。

 

なので、きっと除去したドリップコーヒーを飲んだ時に、はじめて「おー美味しくなった!!」と感動されることでしょう。

 

ただし、ここで一つ注意点があります。

 

シルバースキンを取り除くことで、ドリップコーヒーの味が良くなることはマチガイありません。

 

しかし、シルバースキンを取り過ぎると、ドリップコーヒーの味が「抜けたような」味わいになってしまうことも事実なのです。

 

「どれくらい取り除くと丁度良い味になるのか?」

 

・・・ということは、今回お伝えする「シルバースキンの取り除き方」を参考にしながら、自分で研究してみてくださいね。

コーヒー豆のシルバースキンの取り除き方

では、早速、コーヒー豆のシルバースキンの取り除き方をお教えしましょう。

 

まず、シルバースキンを取り除く作業は、挽いていないコーヒー豆でやることをおススメします。

 

挽いたコーヒー豆は、すでに鮮度が落ちまくっています。

 

なので、シルバースキンを取り除くという面倒な作業をする価値が見当たりません。

 

シルバースキンを取り除くのは、「さらにおいしいコーヒーを飲みたい!」という方に、ぜひ実践していただきたい方法なのです。

 

さて、やり方ですが、これはとてもカンタンです。

 

コーヒー豆のシルバースキンの取り除き方

 

まず、コーヒー豆をコーヒーミルの一番「粗い目盛り」を使って挽きましょう。

 

これは、可能であれば、手挽きのミルの方がうまく行くことが多いです。

 

プロペラタイプのコーヒーミルはお勧めしません。

 

次に、挽いたコーヒー豆を、キレイな大きめのボウルの中に入れてください。

 

それをそのままベランダなどに持って行って、「フ〜!」と勢いよく吹いてください。

 

※この時のコツは、スピードのある息ではなく、強いけどゆっくりな「腹筋」を使った長い息が良いです。

 

そうすれば、シルバースキンが「フワ〜ッ!」と、イイ感じで飛んでいきますよ。

 

だいたい3〜4回吹いてあげれば、ほど良くシルバースキンが飛んでくれます。(いろいろと調節してみてください)

 

最後に、シルバースキンを取り除いた「粗びきコーヒー豆」を、通常の粗さで挽けばOKです。

 

このやり方で挽いたコーヒー豆でドリップコーヒーを入れて見てください。

 

きっと、格段においしくなったコーヒーに感動すると思いますよ!

スポンサードリンク

関連ページ

選び方
コーヒー豆の選び方で初心者が見るべきポイントは何でしょうか?ここでは初心者のためにコーヒー豆の選び方について書いていきます。
一杯何グラム
コーヒー豆は一杯に何グラム使うとおいしい珈琲が入れられますか?という質問を初心者の方から良くいただきます。ここでは一杯何グラムのコーヒー豆が適切なのかについてご説明します。
計量スプーン
コーヒー豆を測る時に計量スプーンを使う方は多いですよね。ここでは計量スプーンによるコーヒー豆の正しい測り方についてご説明します。
膨らまない
ドリップコーヒーを入れる際、コーヒー豆が膨らまないと悩む方は多いようです。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる上でコーヒー豆が膨らまないことについてご説明します。
賞味期限
コーヒー豆は賞味期限が切れても飲める!ということを平然と言う方がいらっしゃいます。ここではコーヒー豆と賞味期限の関係についてご説明します。
微粉
コーヒー豆を挽くと、必ず微粉というものが出ます。ここではコーヒー豆を挽いた際に出る微粉についてご説明します。
深煎り
コーヒー豆の深煎りをおいしく淹れるためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではコーヒー豆の深煎りについてご説明します。