コーヒー豆の選び方で初心者が見るべきポイント

スポンサードリンク

コーヒー豆の選び方は初心者には難しい?

コーヒー初心者の頃って、コーヒー豆の選び方に迷うことって多いですよね?

 

今や、いろいろな場所でコーヒー豆は売っていますし、いろいろなウンチクが、それらしく書かれているからです。

 

コーヒー豆を選んで購入すると言えば、コンビニの棚に並べられているコーヒー豆を思い描く方もいらっしゃるでしょう。

 

スタバやタリーズなどで購入するコーヒー豆を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

 

家の近くにある、自家焙煎コーヒーを思い描く方もいらっしゃるでしょう。

 

もうね、考えれば考えるほど、おいしいコーヒー豆の選び方ってわからなくなります。

 

ここでは、そんな初心者の方のためにコーヒー豆の選び方のポイントについて書いていきます。

コーヒー豆の選び方で初心者が見るべきポイント

コーヒー豆の選び方で、初心者の方が見るべきポイントとは、どんなことでしょうか?

 

コーヒーの銘柄?コーヒー豆の販売メーカー?ブレンドの種類?

 

まあ、いろいろと思い浮かぶことはあるでしょう。

 

しかし、初心者の方にコーヒー豆の選び方をお教えする場合、一番見て欲しいことはたった一つだけ。

 

「コーヒー豆の鮮度」です。

 

それも、コンビニやスーパーで売っているコーヒー豆の賞味期限を見るのではありません。

 

コーヒーの選び方で重要なのは、「いつ焙煎されたのか?」ということです。

 

これは、他のページでも触れていますが、日本ってコーヒー豆の鮮度に対しての認識が、ほとんどありません。

 

本当は、コーヒー豆って焙煎してから長くても10日くらいまでしか持たないものです。

 

それも、コーヒー豆を挽いていない状態で、キチンとした密閉容器に入れて、適切な温度管理の中で保管しての話です。

 

スーパーの商品棚に1カ月も2カ月も放置(?)されているコーヒー豆で、しかもすでに挽かれてしまった粉のコーヒー豆の鮮度は、完全にアウトです!!

 

ですから、コーヒー豆の選び方の重要ポイントとして、コーヒー豆の「焙煎日」を確認するようにしましょう。

 

初心者の頃のコーヒー豆の選び方は、ハッキリ言って、それだけで大丈夫です。

 

(それ以外については、後述します)

コーヒー豆の選び方に迷ったら自家焙煎ショップ

そうは言っても、スーパーでコーヒー豆を購入する時に、焙煎日の確認まですることは、非常に難しいかも知れません。

 

コーヒー豆の選び方に、ここで迷う方も多いでしょう。

 

そこでおススメしたいのが、自家焙煎を行っているコーヒー豆ショップを利用するということです。

 

自家焙煎のショップでしたら、ほとんどの場合、そのコーヒーショップのオーナーさんが焙煎を行っています。

 

すでに、焙煎日が明記されているショップも多いですから、とても安心して購入することが出来ます。

 

明記されていなくても、ショップのオーナーさんに聞けば教えてくれますよ。

 

逆に、教えてくれないようなショップでは購入してはダメです。

 

また、自家焙煎を行っているオーナーさんは、まず間違いなく「コーヒーオタク」です(笑)

 

自分が初心者であることや、これからドリップコーヒーを淹れたいという話をすれば、とても親身になって教えてくれるでしょう。

 

だって、そういう話が大好きな人が焙煎しているわけですから。

 

その際、コーヒー豆の種類の事、酸味系、苦み系などの味の好みについても相談すると良いでしょう。

 

おいしいコーヒー豆の選び方は、そんな風にして一つ一つ覚えて行きましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

一杯何グラム
コーヒー豆は一杯に何グラム使うとおいしい珈琲が入れられますか?という質問を初心者の方から良くいただきます。ここでは一杯何グラムのコーヒー豆が適切なのかについてご説明します。
計量スプーン
コーヒー豆を測る時に計量スプーンを使う方は多いですよね。ここでは計量スプーンによるコーヒー豆の正しい測り方についてご説明します。
膨らまない
ドリップコーヒーを入れる際、コーヒー豆が膨らまないと悩む方は多いようです。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる上でコーヒー豆が膨らまないことについてご説明します。
賞味期限
コーヒー豆は賞味期限が切れても飲める!ということを平然と言う方がいらっしゃいます。ここではコーヒー豆と賞味期限の関係についてご説明します。
シルバースキン
コーヒー豆の中にはシルバースキンというものがあります。ここではコーヒー豆のシルバースキンについてご説明します。
微粉
コーヒー豆を挽くと、必ず微粉というものが出ます。ここではコーヒー豆を挽いた際に出る微粉についてご説明します。
深煎り
コーヒー豆の深煎りをおいしく淹れるためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではコーヒー豆の深煎りについてご説明します。