ドリップコーヒーの入れ方 適温

スポンサードリンク

ドリップコーヒーのお湯の適温について

ドリップコーヒー初心者の方へ

「ドリップコーヒーを入れる時の適温は何℃ですか?良いお湯の温度を教えてください」

 

これは、僕が初心者の頃によくプロの方に質問していたことです。

 

ドリップコーヒーを入れる時のお湯の適温って、けっこう迷いますよね?

 

それに、そもそもどんな状態の時が何℃なのかも、ふつうは分からないですよね。

 

ちなみに、適温のお話の前に、お湯って何℃で沸騰するか、ご存知ですか?

 

「そんなの知ってるよ!理科の実験の時にやったよ。100℃でしょ!」

 

という声が聞こえてきそうですね。

 

ハイ、確かにお湯は「100℃で沸騰する」というのは、正しい答えだと思います。

 

ただし、コーヒーを入れる時には、この部分がちょっと誤解を生んだりもします。

 

実は、水を火にかけて温度がドンドン上がり勢いよくグラグラした時の湯温は「98℃」なのです。

 

そして、98℃になったお湯を沸かし続けることで湯温が、さらにジワジワと上がり、しばらく経ったら100℃に到達します。

 

なので、最初にグラグラした瞬間は、98℃と覚えておきましょう。

 

そして、適温の目安ですが、98℃になったヤカンからポットに移すと、だいたい90〜92℃くらいになります。

 

(※季節や使用環境によって違います)

 

それから1分ほど時間をおいて冷ますと、90℃を切っていますね。

 

適温は、だいたいそのあたりを目安にすると良いでしょう。

 

初心者の頃は、ちゃんと温度計で測った方が良いです。

 

なぜなら、お湯の温度の下がり度合いを肌感覚でつかめるようになるからです。

 

ドリップコーヒーの入れる時の適温は、身体で覚えましょうね。

スポンサードリンク

関連ページ

初心者
ドリップコーヒー初心者の方はいろいろと迷うこともあると思います。初心者の方に向けてドリップコーヒーについてご説明します。
初心者がやるべき事
ドリップコーヒー初心者がまずやるべきことをお伝えします。何はともあれドリップコーヒー初心者の方は、これをやってみましょう!
意味
ドリップコーヒーという言葉は聞くけど、その意味ってなんだろう?と思う初心者の方は多いのかも知れません。ここではドリップコーヒーの意味についてご説明します。
コツ
おいしいドリップコーヒーの入れ方には、様々なコツがあります。ここではおいしいドリップコーヒーの入れ方のコツについてご説明します。
浅煎り
ドリップコーヒーを入れるにあたって浅煎りのコーヒーは初心者におススメなのでしょうか?ここではドリップコーヒーの浅煎りについてご説明します。
濃いめ
ドリップコーヒーの濃いめの入れ方を知りたい方は多いようです。ここではドリップコーヒーを濃いめに入れる「入れ方」についてのポイントをお伝えします。
湯温
おいしいドリップコーヒーを入れる際、湯温について意見が分かれることがあります。ここではおいしいドリップコーヒー入れるための湯温についてもう少しご説明します。
正しい入れ方
ドリップコーヒーの正しい入れ方は、いろいろな場所で語られています。ここでは管理人が考える正しいドリップコーヒーの入れ方について書いて行きます。
蒸らし
おいしいドリップコーヒーを入れるには、蒸らしが不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の蒸らしについて書いて行きます。
抽出時間
おいしいドリップコーヒーを入れるには適切な抽出時間が不可欠です。ここではおいしいドリップコーヒーを入れる際の抽出時間について書いて行きます。
濃く入れる
ドリップコーヒーのおいしい入れ方を初心者の方にも分かりやすく書いています。ドリップ器具、入れ方、コツなど、すべて管理人の体験がベースになっています。魅力あるドリップコーヒーをあなたも始めてみませんか?
保温
ドリップに限らずコーヒーの保温の仕方に頭を悩ませる方は結構多いと思います。ここではコーヒーの味を落とさずに保温する方法を書いて行きます。
アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーによるアイスコーヒーの作り方で迷う方は意外と多いみたいです。ここでは、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作る、作り方についてご説明します。